10/16 雁の曲

更新日:10月18日

1950年2月2日、NHK「ラジオ小劇場」で放送。19世紀初頭、幕末の箏の家を舞台に、秘伝の『雁の曲』と「ハルマ和解」(日本初の蘭和辞典)を通じて、旧き因襲と自由への憧れが描かれている。野上彰没後50年を記念して開かれた「アカシア祭」よりの復刻公演!



徳島ペンクラブ会長丁山俊彦様がご挨拶くださいました。

「雁の曲」上演シーン。住友美代子先生の一人四役の声の演じ分けに圧倒される。尺八山上明山師の自在な息遣いはまさに野上彰の追い求めた「フレーヘエト」芸術の自由。藤本

玲先生の箏は伝統芸術を受け継ぐ家の重みをまさにその音色で聴衆に伝えた。









閲覧数:66回0件のコメント